ブラウザ パチスロ

最終更新日:2023/11/10

イオン北海道(株)(イオングループ)

  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

業種

  • スーパーマーケット
  • 専門店(複合)
  • 専門店(食品・日用品)

基本情報

本社
北海道
資本金
61億43万円
売上高
3,172億円(2023年2月期)
従業員
18,693名 (2023年2月末時点) うち、正社員2,999名
募集人数
101~200名

【総合職採用対象ページ】「イオンのある街に住みたい」と北海道内外の皆さまに思っていただけるよう、イオン北海道は進化を続けてまいります。

  • 追加募集開始

【お知らせ】アクセスありがとうございます!【2023.11.10更新】 (2023/11/10更新)

PHOTO

当社ページへのアクセス、誠にありがとうございます。
当社の今後の情報は「専用マイページ」にてご案内いたします。
エントリーしていただきますと、登録画面に切り替わります。
是非エントリーをお待ちしております!

<秋採用 実施中!>
エントリーシートは専用マイページより随時受付中です。

詳細は「募集コース」及び当社マイページをご確認ください。
今後、お会いできますことを心より楽しみにしております!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
【イオンの店舗】食品、衣料品、住居余暇品を取りそろえる総合店舗。日々のお買い物はもちろん、休日に1日過ごすことのできるさまざまな商品・サービスを提供しています。
PHOTO
【マックスバリュの店舗】毎日の暮らしに必要不可欠な「食」に特化する店舗。高まる健康志向や時短ニーズに対応し、お客さまのより良い暮らしに貢献します。

「イオンだからこそできること」を追求しております。

PHOTO

【当社について】
イオングループの一員として北海道に特化して
事業を展開している企業です。
北海道で「イオン」や「マックスバリュ」等の店舗を運営しております。
日々の暮らしに欠かせない「食」を中心に
衣料品・住居余暇品 またテナント(専門店)・フードコート等も兼ね備えた
1日楽しむことができるショッピングモール等
さまざまな店舗形態があります。

小売業は「変化対応業」とも言われています。
私たちは、これまでの歴史を大切に、これからの北海道の皆さまの
「変化し続けるお客さまのニーズ」にお応えすべく
今まで以上に北海道に貢献できる企業にさらに進化することを目指します。

お仕事内容として「小売業=接客・販売のみ」と思っている方は
是非、イメージを変えて頂きたいと思っています。
大切なことは「マネジメント」です。

エントリーを是非、お待ちしております!

※薬剤師職希望の方は当社公式ホームページをご確認ください。

会社データ

プロフィール

さまざまな小売業の形態がある、イオンだからできること。
小売業を通じて、一緒に北海道を元気にしていきませんか。
そして、新しい小売業のカタチを、
北海道で一緒に作っていきませんか。

事業内容
イオングループの一員として
北海道内にて「イオン」「イオンスーパーセンター」
「マックスバリュ」「ザ・ビッグ」等を展開しています。
「食品」「衣料品」「日用品」「化粧品」「薬(OTC・調剤)」など日々の生活に欠かせない商品を扱っております。

お客さまの日々の生活を支える「インフラ」としての機能はもちろんですが、
道内各地域で店舗を展開していることや、さまざまな分野の商品の取り扱い、そして小売業の中でもさまざまな業態(マルチフォーマット)に取り組んていること等を強みとし「リアル店舗だからこそできること」を追求しています。

同時に、近年の世の中の流れとして「ネット販売」も大きく普及しています。
当社は「リアル店舗×ネット販売」の融合で、お客さまがより便利に、より楽しくお買い物をしていただけるようなサービスづくりを実施しており、今後もより進化していく必要があると考えております。

「地域の未来を育てることも、私たちの仕事です。」

是非、「お買い物」というキーワードを基に、北海道を元気にしていきませんか?

PHOTO

さまざまな店舗形態を有し、「地域のインフラ」として、全道各地に事業を展開しています。

郵便番号 003-8630
所在地 札幌市白石区本通21丁目南1-10
電話番号 011-865-2591
設立 1978年4月
代表取締役社長 青柳 英樹
資本金 61億43万円
従業員 18,693名
(2023年2月末時点)
うち、正社員2,999名
売上高 3,172億円(2023年2月期)
売上高推移 1,859億円(2020年2月期)
3,199億円(2021年2月期)
3,216億円(2022年2月期)
3,172億円(2023年2月期)
※2020年3月1日よりマックスバリュ北海道と経営統合
営業利益推移 81億円(2020年2月期)
93億円(2021年2月期)
66億円(2022年2月期)
83億円(2023年2月期)
※2020年3月1日よりマックスバリュ北海道と経営統合
事業所 計:167店舗

イオン:36店舗(うち調剤併設店舗 12店舗)
イオンスーパーセンター:3店舗
まいばすけっと:42店舗
イオンバイク:1店舗

マックスバリュ:62店舗
ザ・ビッグ:20店舗
フードセンター:3店舗
(2022年11月末現在)
平均年齢 42.7歳(2022年度実績)
平均勤続年数 14.0年(2022年度実績)
沿革
  • 1978年
    • (株)北海道ニチイ設立
      1号店 「ニチイ江別店」、「ニチイ千歳店」オープン
  • 1992年
    • (株)北海道ニチイ、(株)ホクホー2社の合併により(株)北海道ニチイ発足
  • 1996年
    • (株)マイカル北海道へ社名変更
  • 2000年
    • 東京証券取引所第一部に指定
  • 2002年
    • (株)ポスフールに社名変更、店名をサティからポスフールへ変更
  • 2007年
    • イオン(株)とイオンの北海道総合小売業事業を承継する会社分割契約を締結
      イオン(株)のジャスコ11店舗を承継し、「イオン北海道株式会社」へ社名変更
  • 2009年
    • ISO14001を全社認証取得
  • 2009年
    • 北海道との包括連携協定を締結
  • 2015年
    • (株)ダイエーの9店舗を継承
  • 2020年
    • マックスバリュ北海道(株)と経営統合し、
      新生イオン北海道発足
  • 詳細
    • その他詳細、旧マックスバリュ北海道の沿革については
      下記URLをご覧ください。
      //www.aeon-hokkaido.jp/corporation/profile/company/#history
  • 働き方データ 備考
    • <下記データに関する備考です>
      ・育児休暇取得実績については正社員のみの実績を記載しております。

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 14.0年
    2022年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 12.9時間
    2022年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 11.1日
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 16名 31名 47名
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 15名 1名 16名
    2022年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 13.0%
      (416名中54名)
    • 2022年度

    役員割合:18.2%(11名中2名)※社外役員含む 管理職割合:13.0% (416名中54名) 役職者割合:28.3%(1642名中464名) (2022年度実績)

社内制度

研修制度 制度あり
【「自分のキャリアは自分で切り拓く」考え方のもと、キャリアアップを支援する充実の教育制度・資格制度がございます!】

<ここがポイント!>
・社会人として、小売業従事者として必要な考え方や部署に応じた専門技能訓練などを
 しっかりと学ぶことができます。
・新入社員や若年次のみだけではなく、中堅層、経営層になっても成長し続けることが可能な教育制度がございます。
・国内外での公募制度やイオンビジネススクールなどイオングループ全体の教育制度にも参画できます。

*基礎教育/階層別教育/資格別教育/公募制研修
<新入社員研修・資格別登用研修・年次別研修(1年次~3年次)
 新任研修(新規職務に就いた際の研修)・公募制研修(任意で手を挙げて参加する研修)他>
*専門技能訓練
<基礎研修・技能訓練・販売強化訓練 他>
*自己啓発制度
<セルフスタディ制度 他>
*その他
<流通視察研修(国内・海外)・公募制度・イオンビジネススクール 他>
自己啓発支援制度 制度あり
会社が認めた資格の取得または講座を受講した場合、費用の全額または一部を補助。
【イオンセルフスタディ 詳細は説明会等でご案内いたします】
メンター制度 制度あり
新入社員1名につき同店舗・他部署の先輩が1名メンターとしてつき、定期的に面談等を実施いたします。直属の上司や先輩ではない方とコミュニケーションをとることで、視野を広げ、業務にも活かしていただきます。
キャリアコンサルティング制度 制度あり
CDP(キャリア・ディベロップメント・プラン)制度
年に1回、社員全員が自身のこれまでのキャリアの振り返りとこれからのキャリアについて記入、上司とのコミュニケーションをとる機会がございます。
社内関係各所とも情報共有し、異動や配属に活かすツールでもあります。
社内検定制度 制度あり
各種マスター資格(ホットデリカ、寿司、鮮魚士、農産)、アドバイザー資格(サイクル、ベビー、リカーなど)他

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
北海道大学
<大学>
青森公立大学、旭川大学、岩手大学、小樽商科大学、神奈川大学、関西大学、関西外国語大学、北見工業大学、京都産業大学、釧路公立大学、公立千歳科学技術大学、公立はこだて未来大学、埼玉大学、札幌大学、札幌大谷大学、札幌学院大学、札幌国際大学、札幌市立大学、滋賀大学、城西大学、星槎道都大学、専修大学、仙台白百合女子大学、大東文化大学、高崎経済大学、玉川大学、中央大学、中央学院大学、東海大学、東京学芸大学、東京国際大学、東京農業大学、東北学院大学、東洋大学、常磐大学、獨協大学、富山大学、長野大学、名寄市立大学、函館大学、弘前大学、弘前学院大学、フェリス女学院大学、藤女子大学、文教大学、法政大学、北翔大学、北星学園大学、北海学園大学、北海商科大学、北海道大学、北海道医療大学、北海道科学大学、北海道教育大学、北海道情報大学、北海道文教大学、室蘭工業大学、山梨学院大学、山梨県立大学、酪農学園大学、立命館大学、琉球大学、龍谷大学、流通科学大学、早稲田大学、稚内北星学園大学
<短大・高専・専門学校>
大原法律公務員専門学校、大原簿記情報専門学校札幌校、光塩学園女子短期大学、國學院大學北海道短期大学部、札幌商工会議所付属専門学校、札幌大学女子短期大学部、北翔大学短期大学部、北星学園大学短期大学部、北海道情報専門学校、北海道武蔵女子短期大学、宮島学園北海道ファッション専門学校、吉川福祉専門学校

上記過去5年実績、他多数実績あり

採用実績(人数) 2023年4月実績:85名(大学院了83名、短大専門卒2名)
      ★うち、薬剤師4名
2022年4月実績:101名(大卒院了97名、短大専門卒4名)
      ★うち、薬剤師4名
2021年4月実績:98名(大卒院了92名、短大専門卒6名)
      ★うち、薬剤師4名
2020年4月実績:66名(大卒院了62名、短大専門卒4名)
      ★うち、薬剤師12名
※こちらの記載内容は大学・短大専門卒のみの実績です(高卒含まず)
※当社は4月の他、10月入社も可能となっております。詳細を確認したい方は
採用担当までお問い合わせください。
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2023年 58 27 85
    2022年 57 44 101
    2021年 55 43 98
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒採用者数
    2023年 85
    2022年 101
    2021年 98
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2023年 0
    2022年 6
    2021年 18

QRコード

QRコード

//talnoogrevanje.com/24/pc/search/corp62903/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。 

イオン北海道(株)(イオングループ)と業種や本社が同じ企業を探す。
【有力企業グループ特集】イオングループ

トップへ

  1. トップ
  2. イオン北海道(株)(イオングループ)の会社概要