ブラウザ パチスロ

学生のための就職情報サイト

  • マイページ

「現在」が分かる!「未来」が見える! 業界地図

メーカー業界

自動車・輸送用機器(自動車・自動車部品)の業界地図

巨大産業といえる自動車は、裾野が広く、日本の産業経済を支える。ただ、産業そのものが構造変革期を迎え、対応を迫られる。

※掲載企業は売上や総資産額などに加え、業界のトピックを踏まえてマイナビ編集部が選定した一部の企業となります。また掲載内容に関する基準はこちらよりご確認ください。

乗用車(国内

トヨタ自動車

2020年の販売台数は世界トップ。企業連携に積極的

100%出資(完全子会社化)

50.1%出資

完成車供給

20%出資

5%出資

0.3%出資

4.9%出資

0.2%出資

相互完成車供給

EVプラットフォームを共同開発

業務資本提携および米国における乗用車共同生産合弁契約

本田技研工業

通称「ホンダ」。四輪車のほか、二輪車は世界販売トップ

日産自動車

フランス・ルノー、三菱自動車と3社アライアンス

スズキ

軽自動車に強い。インドの四輪車市場では高シェア

0.2%出資

4.9%出資

軽自動車供給

相互完成車供給

マツダ

低燃費エンジンなどに強い。輸出比率約8割

0.3%出資

5%出資

ピックアップトラック供給

業務資本提携および米国における乗用車共同生産合弁契約

SUBARU

水平対向エンジンに特徴。アメリカ市場に強い

100%出資

20%出資

軽自動車供給

EVプラットフォームを共同開発

三菱自動車工業

軽自動車含めた四輪車大手。日産自動車グループ

34%出資

20%出資

軽自動車供給

ダイハツ工業

軽自動車で最大手。受託生産、OEM事業なども展開

軽自動車供給

100%出資(完全子会社化)

相互完成車供給

商業車(バス・トラック)専業

いすゞ自動車

ボルボと商業車で戦略提携し、UDトラックスを買収

100%出資(2021年4月1日付で買収完了)

ピックアップトラック供給

日野自動車

トヨタグループのトラック大手。受託製造も手掛ける

完成車供給

50.1%出資

資本提携

戦略的パートナーシップ

三菱ふそうトラック・バス

ドイツ・ダイムラーグループのトラックメーカー

UDトラックス

小型から大型トラックを製造。ボルボ車の輸入も展開

100%出資(2021年4月1日付で買収完了)

小型トラック供給

トヨタ自動車系列部品メーカー

デンソー

自動車部品メーカー国内首位。ソフト開発に注力

アイシン

自動変速機に強い。電動化投資に積極的

豊田自動織機

トヨタグループの発祥企業。自動車部品などを製造

トヨタ紡織

自動車用フィルター、シートなど内装品に強い

ジェイテクト

自動車部品のほか、工作機械、ベアリングなどを生産

豊田合成

合成樹脂、ゴム部品、エアバッグなどを製造

アドヴィックス

自動車用ブレーキシステムの専業メーカー

フタバ産業

自動車用マフラーに強い。ボディ部品なども製造

東海理化電機製作所

略称「東海理化」。スイッチ、シートベルトなどを製造

 J-QuAD DYNAMICS 

トヨタ系部品メーカー4社が設立した自動運転開発企業

本田技研工業系列部品メーカー

日立Astemo

ホンダ系部品メーカー3社を吸収して2021年に発足

テイ・エス テック

四輪・二輪用シート部品に強い。医療用シートも製造

武蔵精密工業

シャフト、ギアなどの部品メーカー。海外比率8割超

ユタカ技研

自動車用排気システム、ブレーキディスクなどを製造

エフテック

サスペンションなど自動車用足回り部品を製造

八千代工業

自動車用燃料タンク、ルーフなどの部品を製造

エフ・シー・シー

クラッチ専業メーカー。二輪車用では世界トップ

日産自動車系列部品メーカー

ジヤトコ

自動変速機(AT)、CVT(無断変速機)で大手

愛知機械工業

自動車用エンジン、トランスミッションなどを製造

独立系部品メーカー

矢崎総業

自動車用ワイヤーハーネスに強い。ガス機器なども展開

住友電気工業

ワイヤーハーネス、防振ゴム、電装部品などを製造

パナソニック オートモーティブ社 

車載電子機を生産。パナソニックの社内カンパニー

小糸製作所

自動車用照明販売でトップ。海外展開に積極的

NOK

自動車用オイルシールで高シェア。プリント基板も強い

日本発条

自動車用ばねに強い。シート、精密ばねも手掛ける

NTN

自動車用、産業機械用ベアリングの大手

日本精工

ベアリングで国内最大手。電動パワステ事業を強化

KYB

四輪車、二輪車用油圧機器に強い。EV用部品に注力

自動車部品(海外)

 ロバート・ボッシュ(ドイツ)

自動車部品の大手。電動工具、音響機器なども製造

 コンチネンタル(ドイツ)

自動車部品、タイヤの大手。欧州市場に強い

ZF(ドイツ)

車両制御など駆動系部品に強い。電動化に注力

  マグナ・インターナショナル(カナダ)

自動車部品製造のほか、完成車の受託製造にも強い

  ヴァレオ(フランス)

自動車部品の大手。市光工業(伊勢原市)の親会社

自動車・輸送用機器(自動車・自動車部品)業界の企業情報

自動車・輸送用機器(自動車・自動車部品)業界の「現在」と「未来」

自動車産業の出荷額約60兆円。CASEで構造変革進む

経済産業省の工業統計によると、2019年の輸送用機械器具製造業の製造品出荷額は前年比3.7%減だが67兆9,937億円と、全産業の中でトップだ。コロナ禍による製造中止や半導体不足などが響いたものの、このうち自動車産業(車体、部品、二輪車を含む)が同3.7%減の60兆153億円と、9割近くを占める

その自動車産業が「100年に一度」といわれる変革期を迎えている。CASE(コネクティッド、自動化、シェアリング、電動化の頭文字をとったもの)がそれで、ネット接続や自動運転、電動化が進むことで、自動車を製造して販売する会社から、移動する手段をサービス化する会社へ変貌するとされている。

自動運転はレベル3に。 全車種でEV、FCV開発進む

自動運転は5段階あり、現在は自動運転ができなくなった場合に運転者が操作するレベル3の認定を受ける車種が国内で出ている

電動化も大きく進みそうだ。欧米や中国、日本でも中長期的にガソリン車の販売を制限する計画だ。これに対応し、完成車メーカー各社は中期的な電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)の販売目標を掲げている。乗用車だけでなく、トヨタ自動車、いすゞ自動車、日野自動車、ダイハツ工業、スズキの5社は21年、商用車のEV、FCVを企画する新会社「コマーシャル・ジャパン・パートナーシップ・テクノロジーズ」を立ち上げ、大型トラックから軽自動車まで物流を担う全ての車種で電動化を進める計画。EV、FCVのほかにも、水素エンジン車などの開発も進められている。

自動車部品の売上高18兆円超。求められる電動化への対応

自動車部品業界も規模が大きい。日本自動車部品工業会によると、2019年度の会員316社の売上高は、前年度比4.6 % 減の18兆7,492億円。業界は完成車メーカー系列と独立系に大別できる。電動化が進めば、エンジン部品の需要が減少するほか、センサーや通信機器など電装品が確実に増えてくる。これまで精密な機械加工技術などで製造してきた部品メーカーも変革を迫られている。

※掲載内容の基準について

  • 掲載企業は売上や総資産額などに加え、業界のトピックを踏まえてマイナビ編集部が選定した一部の企業となります。業界の分類は、マイナビ2024の業種分類に沿っています。各社の直近の決算に基づき、該当する分野の主に売上高の大きい順に企業を掲載しています(矢印などで示す関係企業については順不同)。なお、売上非公開の企業など、その業界における注目企業を掲載する場合は、五十音順の並びとしています。

    売上高については、2021年9月期までの連結決算を原則とした、直近の決算期の数字を使用しています。また、非上場企業の場合は、決算公告や自社のホームページなどで公表している直近の売上高を採用。売上高を公表していない企業については「非公開」としています。

    出資関係は、上場会社については提出が義務付けられている直近の「有価証券報告書」に沿っています。非上場企業はこれまでに業界団体や企業から公表されている文書などの数字を基にしています。「有価証券報告書」とは、企業の事業内容や、従業員、設備、財務諸表、子会社や関連会社、株主など多くの情報が掲載されており、金融庁のサイト「EDINET」で企業ごとに検索できます。

    原稿作成期間は2021年7月1日から10月31日です。

業界地図

ページTOPへ