ブラウザ パチスロ

公益社団法人 日本航空技術協会 マイナビ2025

航空技術業界の魅力を知ろう!

インターンシップ・仕事体験を今後実施する企業が一挙に集結!
航空に関わる技術系の仕事について理解を深めていただけるよう、
航空技術業界の説明や、それぞれの仕事の魅力をお伝えします。

を舞台に活躍する総勢18が一同に集結!

航空技術産業
セミナー
開催

20231125(土)

12:3018:30

ベルサール飯田橋ファースト

アクセス

会場 ベルサール飯田橋ファースト
住所 東京都文京区後楽2-6-1
住友不動産飯田橋ファーストタワーB1
アクセス 「飯田橋駅」C3出口徒歩3分(大江戸線)
「飯田橋駅」東口徒歩5分(JR線)
「飯田橋駅」A3出口徒歩5分(東西線・有楽町線・南北線)
「後楽園駅」1番出口徒歩8分(丸ノ内線・南北線)

※近隣には「ベルサール飯田橋駅前」がございます。 お間違えのないようお気を付けください。
※隣接する「住友不動産飯田橋ファーストビル」は別の建物です。 お間違えのないようお気を付けください。

出展予定企業

  • IHI IHI
  • 朝日航洋 朝日航洋
  • 宇宙航空研究開発機構(JAXA) 宇宙航空研究開発機構
    (JAXA)
  • 海上保安庁 海上保安庁
  • 川崎重工業 川崎重工業
  • 航空局 航空局
  • ジェットスター・ジャパン ジェットスター・ジャパン
  • ジャムコ ジャムコ
  • スカイマーク スカイマーク
  • SUBARU SUBARU
  • 全日本空輸(ANA) 全日本空輸(ANA)
  • 電子航法研究所 電子航法研究所
  • 中日本航空 中日本航空
  • 日本航空(JAL) 日本航空(JAL)
  • 日本飛行機 日本飛行機
  • 日本UAS産業振興協議会(JUIDA) 日本UAS産業振興協議会
    (JUIDA)
  • ピーチアビエーション ピーチアビエーション
  • 三菱重工業 三菱重工業

特別講演

12:30

12:50

国土交通省 航空局

今後の需要拡大・成長が見込まれる航空業界。その発展を支えるために航空安全行政が果たすべき役割も大きくなっています。空飛ぶクルマの導入促進や航空機の脱炭素化など、未来を見据えて航空局が進めている取組みについてお伝えします。

15:35

15:55

川崎重工業

航空機を作り続けて106年目を迎えた川崎重工業。その歴史と実績に基づく確かな技術力、そして次の100年を見据え、当社が描く将来のビジョンについてお話しいたします。

18:05

18:25

ANA

ANAでは、航空機からの様々な運航データを収集し、各部品の不具合を事前に予知して整備する予知整備を行っています。今回は、最先端である予知整備に触れながら航空機整備の世界とその魅力ついてご紹介いたします。

参加のPOINT

01

企業説明
特別講演も参加する

各社ごとの事業内容や業界説明、仕事説明を複数聞くだけではなく、特別講演もぜひ聞いてください。業界の全体像を把握できるとともに、さまざまな視点から、業界で働く「やりがい」や「幅広い仕事領域」を感じることができます。

02

知っている会社
知らない会社も訪問する

出展している事業者は18社。規模も事業領域もそれぞれ異なりますが、「空」を舞台に多種多様な事業を展開しています。
そのため、先入観なく各事業者の仕事を知って欲しいという思いから今回のセミナーを開催いたしました。是非、あらゆる角度から業界と仕事を理解してください。

航空技術業界の魅力

今では当たり前となった航空機。旅行等の移動手段としてだけでなく、物流網の要にもなっています。 新型コロナウイルス感染症の拡大が落ち着きつつある中、今後のインバウンドの需要も拡大傾向にあり、航空産業が果たす役割は今後、ますます大きくなっていくことが予想されています。
激化する国際競争を日本の航空産業が勝ち抜くためには、私たちの安全で快適なフライトの提供はもちろん、新しい技術の社会への導入や脱炭素化といった環境問題への対応も不可欠であり、こうした取り組みを支えているのが航空技術産業です。
今回のセミナーではこの産業に携わる魅力や、やりがいをぜひ体感してください。

航空技術業界の魅力

航空技術業界の仕事

みなさんが日頃目にしている自動車は約3万点の部品からできているといわれていますが航空機の部品点数は300万点にも及び、産業としても非常にすそ野が広く、非常に高度なテクノロジーの結晶といえます。
航空技術産業に関わる仕事は、事業者によって多岐にわたります。メーカーであれば開発エンジニア、製造といった仕事から生産技術、機体整備など幅広い仕事があります。
エアラインでは、運航整備、機体点検整備、エンジン整備などを通じて航空の安全を守る仕事をしています。なかには航空機やヘリコプターの部品の設計・製造や機体の整備を専門に行う企業もあり、設計開発、生産技術、品質保証など、幅広い分野で働くことができる場合もあります。
ほかにも研究機関などでは、空の交通や通信技術などの研究に従事する仕事もあります。また、ドローンや空飛ぶクルマといった次世代航空モビリティの登場により、空の利活用の可能性が広がりつつあり、これらのモビリティの開発などを行う企業もあります。 

航空技術業界の仕事